今後の活動および活動の記録

公益社団法人 精密工学会 メカノフォトニクス専門委員会

ホーム 活動目的   委員長挨拶 役員 規約 活動の記録









2015年度事業概要
   ・3月16日(月)   東洋大学 白山キャンパス 1号館1202室

   ユネスコ国際光年記念 精密工学会・国際シンポジウム
   UNESCO International Year of Light Memorial 

   ・ 3月17~19日  東洋大学白山キャンパス
   精密工学会春季大会・
   オーガナイズドセッション「メカノフォトニクス」
   ・3月17日(火)   東洋大学白山キャンパス
   精密工学会春季大会・シンポジウム「量子光工学の現状
   ・3月17日(火)  東洋大学白山キャンパス
    精密工学会春季大会・
    シンポジウム「ライトフィールドイメージングの原理と応用
   ・6月11日(木)  光応用技術シンポジウムSenspec 2015 (パシフィコ横浜)
            *詳細は3月ごろ発表


 Sensoec~光応用技術シンポジウム~
 
  毎年6月にパシフィコ横浜にて開催しています。
  Senspec2006~Senspec2014までの開催記録は、こちらをご覧ください。

                 ~ おかげさまで盛況に終了しました ~


        ユネスコ国際光年記念 精密工学会・国際シンポジウム   
             UNESCO International Year of Light Memorial      
      The Japan Society for Precision Engineering(JSPE) International Symposium

                                                 
パンフレット(日本語)

English leaflet

日 時  平成27年3月16日(月) 13時00分 ~ 20時00分
会 場  東洋大学 白山キャンパス 1号館 2階 1202室 

主 催  公益社団法人精密工学会 メカノフォトニクス専門委員会・知的ナノ計測専門委員会

シンポジウムChai r 新井 泰彦 (関西大学)
Co-Chair         高谷 裕浩 (大阪大学)
Secretary        大谷 幸利 (宇都宮大学)

言 語  英 語

講演会参加費  一般 5,000 円   学生 2,000 円    
懇親会参加費  一般 3,000 円   学生 2,000 円

参加申込方法 PDFファイルの参加申込フォームに記入のうえ,2月27日(金)まで 3月6日(金)まで延長記載の申込み先まで電子メールまたはFAXでお申込みください.
 まだ席に余裕がありますので当日参加可能ですが,準備の都合上,できるだけ事前申し込みをお願いします。

 2015年は,国際光年(International Year of Light, IYL2015)にあたります.このIYL2015は,国連 (A/RES/68/221)で採択された世界イニシアチブであり,光科学技術が,エネルギー,教育,農業,コミュニケーション,健康などの世界的な課題への解決をもたらし,社会の持続可能な発展の促進に重要な役割を果たすことへの認識を高めることを目的としています.このたび精密工学会メカノフォトニクス専門委員会と知的ナノ計測専門委員会では,国際光年の記念シンポジウムを企画しました.このシンポジウムでは世界の光科学と光工学のリーダーをご招待して,精密工学の視点から最新の光研究開発動向と将来について議論します.企業の研究・開発者,大学や研究機関の開発者から学生まで多くの皆様のご参加をお待ちしています.


プログラム

   時間        講演題目                講師 
13:00~13:15   イントロダクトリートーク 
                               新井 泰彦 
                                 (関西大学)
13:15~14:00  講演1 (45分)
          A Career in Optics Can Be Extremely Exciting
                               James C. Wyant
                                 (アリゾナ大学光科学部,
                                  元アメリカ光学会会長)
14:00~14:45  講演2 (45分)
          Holographic Mass-Data Storage, Challenge Again
                               谷田貝 豊彦
                                 (宇都宮大学オプティクス
                                  教育研究センター,
                                   SPIE会長)
14:45~15:30  講演3 (45分)
          R & D History of Blue LEDs (青色LED:研究開発の歴史) 
                               太田 光一 
                                 (豊田合成株式会社)
15:30~15:45  コーヒーブレーク

15:45~16:30  講演4 (45分)
          In-Situ Interferometric Metrology with Optical Comb (光コムによる現場干渉計測)
                               松本 弘一
                                 (東京大学大学院)
16:30~17:15  講演5 (45分)
          Polarization Aberration and the Berry Phase (偏光収差とベリー位相)
                               Russell Chipman
                                 (アリゾナ大学光科学部)
17:15~17:30  クロージングリマークス
                               高谷 裕浩
                                  (大阪大学)

18:00~20:00  懇 親 会 (会場 8号館 地下1階 食堂ホール)




問合先  大谷 幸利 (宇都宮大学,E-mail:otani(at)cc.utsunomiya-u.ac.jp)
              (at)を@になおしてください





                      精密工学会ホームページへ



          All Rights Reserved, Copyright (C) 2001, The Japan Society for Precision Engineering.